社会

労働安全衛生マネジメントシステム(ISO45001)支援

コンサルティング

概要

労働者の安全・健康を守り、労働災害リスクを低減させることは、持続可能な組織経営を行うにあたって、重要な経営課題のひとつです。労働安全衛生管理を体系的に行う仕組みとして、ISO45001労働安全衛生マネジメントシステムが発行されています。
ISO45001は2018年3月に発行され、負傷や疾病の防止、安全・健康な職場の提供を目的とする、PDCAサイクルに基づく労働安全衛生活動を推進する仕組み(マネジメントシステム)の国際規格です。
国際規格に基づく労働安全衛生マネジメントシステムを構築・運用と、第三者認証登録をご支援します。

サービス内容

労働安全衛生マネジメントシステムの構築は上記のSTEP1~5により実施します。

STEP1 現状分析の実施

既存の労働安全衛生管理の文書および過去の災害統計情報等をレビューし、ISO45001のギャップ分析を行います。既存の労働安全衛生管理の方法を踏まえ、ISO45001規格と照らし合わせ、不足事項等を特定します。また、労働安全衛生対策の状況把握のため、現場確認等による課題抽出を行います。

STEP2 リスクアセスメントの実施

労働災害リスクの特定および管理策の立案にあたって、リスクアセスメント手法等の決定とリスクアセスメントの実施結果のレビューを行います。

STEP3 マネジメントシステムの構築

STEP1、2の結果を踏まえ、労働安全衛生マネジメントシステムのPDCAサイクルの仕組みを、マニュアルや管理手順、様式類等の文書で構築します。規格要求事項である。リスク及び機会の決定、方針や目標の策定、適用法規制の特定、具体的施策や取組基準等を整備します。

STEP4 マネジメントシステムの運用

構築した労働安全衛生マネジメントシステムを運用します。方針・目標や取組内容の周知、管理策の実践、取組結果のモニタリング、内部監査、マネジメントレビュー、改善・是正といった、PDCAサイクルの一連の取り組みを実施します。

STEP5 審査対応

ISO45001の第三者認証登録を行う場合、第三者機関の審査を受審しますが、審査受審前のシステムチェックを行います。

 

リスクアセスメント、教育、内部監査など、労働安全衛生マネジメントシステムの運用に係る支援もご用命に応じて提供いたします。

社会に関するサービスのお問い合わせ

03-3349-6828

営業時間:
月~金 10:00-17:00
(年末年始、土日等を除く)


関連コンテンツ


このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細については「個人情報保護について」のページをご覧ください。