企業リスク情報誌『SAFETY EYE』

No.17(2004年5月発行)企業の社会的責任(CSR)と社会的責任投資(SRI)

ESG/CSR

最近、日本において企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility:CSR)という言葉がよく聞かれるようになりました。
CSRとは、企業が事業活動を行うにあたり、単に利益の獲得を目指すだけでなく、環境問題やさまざまな社会的側面に配慮して経営を行うということをいい、企業を取り巻くさまざまなステークホルダーに配慮した経営ということもできます。
本号では、近時問われているCSRの現状と実戦に向けての基本留意ポイント並びに近時注目されている社会的責任投資(Socially Responsible Investment:SRI)の動向を紹介いたします。

I. 企業の社会的責任(CSR)
1. CSRとは何か
2. CSRに取り組むメリット
3. 米国・欧州におけるCSRへの取組み
4. 日本企業のCSRへの取組み
5. CSRのISO規格化に関する検討状況

II. 社会的責任投資(SRI)
1. SRIとは
2. SRIの分類
3. SRIの歴史
4. 欧米におけるSRIの現状
5. SRIの評価基準
6. SRIのパフォーマンス
7. 日本におけるSRI
8. SRIが日本企業に与えるインパクト

刊行物に関するお問い合わせ


このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細については「個人情報保護について」のページをご覧ください。