ESG/CSR/環境

ESG経営・情報開示

企業の価値は、財務的な側面のみならず、環境、社会、ガバナンス、すなわちESG(Environment, Social, Governance)の側面を含めて評価されるようになり、これに応じて企業に期待される役割も変化を遂げつつあります。

環境

地球環境に目を向けると、地球温暖化、化学物質管理、土壌汚染、廃棄物処理などの問題が山積し、社会の持続可能性が脅かされています。企業による環境リスクへの取り組みは、競争上の差別化要因となる一方、土壌汚染などの環境事故が発覚した場合は、経営に重大な悪影響を及ぼします。



ガバナンス

リスクマネジメント体制の構築やコンプライアンスの強化は、ガバナンスの強化に直結し、環境面、社会面でのCSRを実践する基礎となります。 また、モノづくり産業を中心に発展してきた日本社会では、従業員や消費者を意識したリスクマネジメントは社会面でのCSRそのものであり、経営を維持する上でも必要不可欠です。


ESG CSRに関するサービスのお問い合わせ

当サイトでは、アクセス状況の把握や広告配信等のために、クッキー(Cookie)を利用しています。「個人情報保護について」をご参照いただきクッキーの使用にご同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。