ESG経営・情報開示

CSRレポート・統合報告書作成支援

コンサルティング

概要

近年、気候変動をはじめとする環境問題の深刻化や労働・人権等の社会問題に対する関心の高まり、コンプライアンスや反社会的勢力への対応等のガバナンスに関する意識の高まりを受け、企業に対する投資家や消費者の目線は厳しさを増しています。一方、経済のグローバル化により競争が激化し、企業は自社の製品・サービスの差別化をすることが困難となりつつあります。そのため、環境・社会・ガバナンス(以下「ESG」)への取り組みを積極的に情報発信することにより、他社との差別化を図りステークホルダーからの信頼を獲得することが、企業価値を長期的に向上していくうえで非常に重要となっています。 
実際、長期投資を行う年金基金等の機関投資家を中心に、企業の将来性や長期成長性を評価するために、投資先企業の財務情報のみならずESGに関する非財務情報を重視するESG投資への関心が高まっています。海外ではESG投資の残高は年々増加しており、SRI(社会的責任投資)の調査を行っている米国のThe Forum for Sustainable and Investment Finance (US-SIF)によると、米国では2011年末時点で、ESGを投資行動に組み込んでいる機関投資家は443あり、その運用資産額(米国籍)は3.31兆ドルとなっています。 
こうした流れを受け、財務情報と非財務情報の両者を統合して投資家等へ開示する統合報告に関する動きが加速しています。GRI(Global Reporting Initiative)*1では、2013年5月に、サステナビリティ報告のガイドラインの第4版となる「G4 Sustainability Reporting Guidelines*2」を、IIRC(International Integrated Reporting Council)*3では、2013年12月に、「国際統合報告フレームワーク*4」をそれぞれ公表しました。企業は今後、こうしたガイドラインやフレームワークに基づき、財務情報と非財務情報の両者を統合した統合報告を進め、投資家をはじめとするステークホルダーから信頼を獲得し、企業価値向上に繋げていくことが望まれます。 
SOMPOリスクマネジメントでは、CSRに関するコンサルティング、SRI(社会的責任投資)の企業評価、ESGに関する調査研究等を通じて培ってきた知見やノウハウを活用し、国際的なガイドラインやフレームワークに基づき、お客さまのESG情報の発信やステークホルダーとのコミュニケーションを通じた長期的な企業価値向上の取り組みを支援します。

*1 サステナビリティ報告のガイドライン作成を目的とするNGOで、国連環境計画(UNEP)の公認協力機関

*2 GRIが発行しているSustainability Reporting Guidelinesの第4版では、報告をする組織にとって、経済的・環境的・社会的に「重要(マテリアル)なテーマ」 に焦点をあて、報告することが謳われています。 

*3 統合報告フレームワークを構築することを目的とする、英国を拠点とするNGO

*4 同フレームワークでは、統合報告は、企業による長期的な価値創造に焦点を当てたものとして位置づけられ、その価値 創造の源泉として多様な資本に着目しています。

サービス内容

本サービスでの支援メニューは、以下の通りです。詳細は、以下「パンフレット」欄の資料をご覧ください。

CSRレポート・統合報告書作成支援(6ヶ月程度)

CSRレポート・統合報告書の企画から製作・印刷までサポート致します。

〈サービスの流れ〉

企画
提案書の作成 貴社の強みや他社の取り組みを分析し、国際的な動向やガイドライン等を踏まえ、報告書のコンセプトや特集テーマ案をまとめます。
台割の作成 貴社の取り組みをどういった流れで投資家等のステークホルダーに訴えるのか、報告書のページ構成を整理します。
デザイン案の作成 デザイン会社と連携して、貴社のブランドイメージを踏まえ、報告書の表紙やページのデザイン案を提案します。
原稿作成 原稿の作成・校閲 経営層や社員の方へのインタビュー等をもとに、原稿を作成し、校閲を実施します。
DTP DTPの製作 デザイン会社と連携して、原稿や写真、グラフ等のレイアウトイメージを製作します。
印刷 印刷・納品 印刷会社と連携して、報告書を印刷し、ホームページへアップします。

関連サービス(内容により応相談)

当社では、CSRに関するさまざまなサービスを提供しております。貴社のご要望に細やかに対応いたします。

〈サービスの一例〉

  • CSR・統合報告の動向や事例調査
  • ステークホルダー・ダイアログ開催支援 ステークホルダー意識調査
  • KPI設定(重点目標)の支援
  • 戦略立案・体制構築支援
  • マテリアリティの特定支援
  • その他各種メニュー
    コンプライアンス・CS(顧客満足)・リスクマネジメント・EMS運営等

コンサルティング料金

CSRレポート・統合報告書作成支援についての料金はご用命により異なります。
詳細については、以下のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

パンフレット

ESG経営・情報開示に関するサービスのお問い合わせ

03-3349-6828

営業時間:
月~金 10:00-17:00
(年末年始、土日等を除く)


関連コンテンツ


このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細については「個人情報保護について」のページをご覧ください。