モビリティ・交通リスク

自動車事故防止

当社ではお客様企業の事故防止活動へのお取り組みを事故の発生傾向や安全管理活動状況などの現状分析から、研修・教育の個別支援や社内体制構築支援など各種メニューを通じて総合的に支援させていただきます。
代表的なメニューの詳細は以下をご参照ください。

自動車事故と企業の損失

自動車事故が発生した場合の企業の損失は、下表のとおり「直接的損失」と「間接的損失」に整理できます。 これらの損失の中には保険でカバーしきれないものも多く含まれています。取引先からの信用失墜や地域社会における企業イメージ低下などの数値化できない損失は、企業活動自体に影響を与えかねません。 このような企業の損失を防ぐために、「自動車事故防止活動」が必要となります。


自動車事故防止活動の効果


運輸安全マネジメント

運輸事業者におけるヒューマンエラーを原因とする事故等の多発を受け、運輸事業者自らが経営トップから現場まで一丸となり安全管理体制を構築・改善することにより輸送の安全性を向上させることを目的とした「運輸安全マネジメント」制度が国土交通省により2006年(平成18年)10月に導入されました。
本制度では、運輸事業者は自らが自主的かつ積極的に輸送の安全の取組みを推進し、構築した安全管理体制をPDCAサイクルにより継続的に改善し、安全性の向上を図ることが求められています。
当社では、貨物・旅客自動車運送事業者様向けの運輸安全マネジメントご支援策として、「運輸安全マネジメント評価」「体制構築支援コンサルティング」「内部監査支援サービス」をご用意しています。


MaaS関連サービス

2019年6月に発表された「成長戦略2019」では、少子高齢化やドライバー不足といった課題を解決するために目指す社会として「新たなモビリティサービス(MaaS)が組み込まれ、都市空間の在り方を変え、都市自体が高度にサービス化するスマートシティへ」が掲げられました。それを受け、官民一体となったMaaS実現に向けての実証実験が加速されています。
当社ではMaaS実現に向けて、様々な角度からリスクソリューションを提供いたします。


モビリティ・交通リスクに関するサービスのお問い合わせ

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細については「個人情報保護について」のページをご覧ください。