危機管理

危機管理体制

危機管理(Crisis Management‐クライシス・マネジメント)とは、組織活動の早期回復と被害の最小化を目的にした事前対策と緊急時・復旧時に実施する緊急事態への対応をいい、平時のリスク管理と分けられています。危機管理については、危機管理マニュア ルの策定や教育・訓練を実施することなどの事前対策の程度が、その成否を決定づける大きな要素となります。 SOMPOリスクマネジメントでは、危機管理体制の構築から、危機管理マニュアルの策定、教育・訓練、マスコミへの広報対応マニュアルなどの文書類の作成・内容診断まで総合的に支援します。

広報体制

実際に災害や事件・事故が発生した際、企業は、社会的責任の観点から迅速な対応が求められることになります。そのためには、企業は、日頃から危機管理に関する教育・訓練をしておくことが非常に重要になります。 SOMPOリスクマネジメントでは、緊急時のマスメディア対応を想定した緊急記者会見訓練、危機発生時に設置する対策本部・従業員個人における危機対応力・意思決定能力の向上を目的としたシミュレーション訓練、危機管理に関するセミナーなどのサービスを提供しています。



デジタルリスク(ネット炎上、内部不正)

新型コロナウイルスの感染拡大により、働き方を巡る環境が大きく変わっています。 感染拡大防止にテレワークが欠かせなくなっている一方、従業員1人1人の就業状況や生産性が見えづらくなるという課題もあります。 急なテレワークにより、許可されていない外部メールやクラウドサービスの利用による情報漏えい、勤務時間の過小・過大報告、業務時間中のゲーム、ショッピング、転職活動など、従業員が不用意な行動をとりやすくなっています。 さらに、企業活動や個人の外出自粛態勢の中でもネット炎上は日々起こっています。企業の公式SNSによる不謹慎発言やデマ投稿による炎上、従業員による告発などで企業は緊急対応を強いられる例も見られます。 当社ではこれらデジタルリスク対策に関して「未然防止」「被害低減」の観点から各種サービスを提供しています。リスク診断も行っておりますので、お気軽にご相談ください。


危機管理に関するサービスのお問い合わせ

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細については「個人情報保護について」のページをご覧ください。