危機管理

危機管理体制

危機管理(Crisis Management‐クライシス・マネジメント)とは、組織活動の早期回復と被害の最小化を目的にした事前対策と緊急時・復旧時に実施する緊急事態への対応をいい、平時のリスク管理と分けられています。危機管理については、危機管理マニュア ルの策定や教育・訓練を実施することなどの事前対策の程度が、その成否を決定づける大きな要素となります。 SOMPOリスクマネジメントでは、危機管理体制の構築から、危機管理マニュアルの策定、教育・訓練、マスコミへの広報対応マニュアルなどの文書類の作成・内容診断まで総合的に支援します。

広報体制

実際に災害や事件・事故が発生した際、企業は、社会的責任の観点から迅速な対応が求められることになります。そのためには、企業は、日頃から危機管理に関する教育・訓練をしておくことが非常に重要になります。 SOMPOリスクマネジメントでは、緊急時のマスメディア対応を想定した緊急記者会見訓練、危機発生時に設置する対策本部・従業員個人における危機対応力・意思決定能力の向上を目的としたシミュレーション訓練、危機管理に関するセミナーなどのサービスを提供しています。



ネット炎上リスク

近年、SNSの急速な普及によってインターネットを利用した個人の発信力が益々増大し、少数意見が過剰に反映される社会になりつつあります。 ネット炎上の原因は様々であることから全てを未然に防ぐことは困難あり、またネット炎上が発生すると、企業イメージのダメージに伴い経営を揺るがすほどの損害を被る可能性があります。 ネット炎上リスクを新たな経営リスクとして捉え、その火種の早期発見と適切な対応により、お客様や従業員はもとより経営に携わる人たちが、安心して活動できる環境を構築することが求められています。 SOMPOリスクマネジメントでは、ネットリスク診断、24時間365日のWEBモニタリング、ネット炎上対応のためのマニュアルや規程類の策定、ネット炎上リスクに関するセミナー、検索エンジン上の評判回復支援などのサービスを提供しています。


危機管理に関するサービスのお問い合わせ

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細については「個人情報保護について」のページをご覧ください。