自動車事故防止

ドライブレコーダーを活用した安全運転指導

調査・分析・評価

概要

ドライブレコーダーを、万が一の事故時の記録のためだけでなく、ドライバーの日々の運転状況の把握、指導に活用されるケースが増えています。SOMPOリスクマネジメントでは、一般的なドライブレコーダーでは把握が困難な「衝撃検知以外の交差点での危険運転映像の抽出」や「居眠り・脇見映像の抽出」を行い、安全運転指導に役立つサービスを提供するとともに、総合的なコンサルティングサービスを提供しています。

支援メニュー

ドライブレコーダー映像自動解析サービス

・貴社がお持ちのドライブレコーダー映像を活用*するサービスです。

・一般的なドライブレコーダーでは、衝撃が検知されないことから確認に手間のかかる「信号無視による交差点通過」「一時停止標識での不停止」に焦点を絞って映像を抽出し、指導レポートの提供するとともに、専門講師による講習会を実施し、貴社の安全運転指導をサポートします。

 

*ドライブレコーダーの映像種類によっては対応できない場合があります。

AI技術を活用した安全運転指導サービス

・近赤外線カメラ付ドライブレコーダーを当社から貸与*し、眠気や脇見を自動判定するサービスです。

・運転中に「居眠り」「脇見」が発生した可能性のあるシーンをAI技術により自動抽出し、管理者向けに安全運転指導用のレポートを作成・提供します。

 

*5セット・2週間貸与します。設置できる車両についてはお問い合わせください。

事故防止コンサルティングサービス

当社のコンサルタントが、お客さまのドライブレコーダー映像を活用し、事故防止体制構築に対する総合的なコンサルティングサービスを提供します。

詳細はお問い合わせください。

サービス料金

ドライブレコーダーを活用した安全運転指導に関する料金はお客さまのご用命により異なります。
詳細については、お問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。

パンフレット

モビリティ・交通リスクに関するサービスのお問い合わせ



このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細については「個人情報保護について」のページをご覧ください。