気候変動対策

省エネルギー診断

コンサルティング

概要

省エネ法(エネルギーの使用の合理化に関する法律)および東京都環境確保条例等の法規制の改正、並びに、原発再稼働による電力需給問題、及び火力発電増強による温室効果ガスの排出量増大等、建物における事業活動においても、エネルギー使用量の把握や省エネルギー化の推進が、ますます強く求められています。
節電や省エネルギーを進めるにあたり、まず初めに取り組まなければならないのが、現状の把握となります。テナントの営業時間や、空調設備の運用管理等の使用状況により、建物毎のエネルギー消費特性が異なります。
SOMPOリスクマネジメントでは、エネルギー使用の無駄を見つけ、エネルギー使用量の削減目標に向けた計画的な設備更新や運用改善等の効率的な実施を支援します。

サービス内容

サービスの流れ

ステップ1:建物概要調査

  • 建物・設備の概要
  • 建物使用状況概要
  • 主要設備運転状況概要
  • 修繕履歴

ステップ2:エネルギー使用状況の調査

  • 燃料・熱・ガス・電気の使用状況の調査・分析
  • 設備の現状調査

ステップ3:改善提案

  • 運用改善による提案
  • 設備機器類の改修・更新の提案

気候変動対策に関するサービスのお問い合わせ

03-3349-6828

営業時間:
月~金 10:00-17:00
(年末年始、土日等を除く)


関連コンテンツ


このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細については「個人情報保護について」のページをご覧ください。