企業リスク情報誌『SAFETY EYE』

No.21(2005年2月発行)風水害リスクマネジメント

自然災害

今回は「風害リスクマネジメント−台風・豪雨多発時代に備える」というテ−マを取り上げました。
2004年は台風の本土到来が相次ぎ数多くの被害が発生しました。そこで、本特集の前段階部分では異常気象の要因や今後顕著化すると予想される地球温暖化との関係について現在の知見をご紹介します。また、後段階部分ではビジネス継続の視点を中心にそのポイントをご紹介させていただきます。企業にとって参考になる冊子ですので営業活動にご活用下さい。

特集1. 2004年異常気象と地球温暖化
1. はじめに
2 .2004年異常気象
3. 異常気象とその要因
4. おわりに

特集2. 企業等の風水害リスク対策ポイント
1. はじめに
2. 風水害の被害
3. 東海豪雨災害
4. ドレスデンの洪水
5. 新潟水害
6. 風水害を含めた企業の防災対策現状
7. ビジネス継続の概要
8. 風水害対策のポイント

刊行物に関するお問い合わせ


このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細については「個人情報保護について」のページをご覧ください。