企業リスク情報誌『SAFETY EYE』

No.35(2008年9月発行)企業の防犯セキュリティ対策

製品・施設

本誌「SAFETY EYE」では、損保ジャパン・リスクマネジメントが、企業のリスクマネジメント実践の推進に役立てていただくことを目的に、毎回、企業を取り巻くリスクに関連するテーマを特集しています。
今回は「企業の防犯セキュリティ対策」をテーマに取り上げました。
第1章では、「犯罪機会論による最新の予防対策」というテーマで、立正大学教授の小宮信夫氏より、犯罪が発生するメカニズムを理解した上で、企業が実践すべき防犯対策について多角的に解説しております。
第2章では、当社主任コンサルタント瀬戸寛喜より、過去の犯罪事例から、実際に企業が取り組むべき課題と犯罪機会論を意識した防犯対策のあり方について解説しております。

第1章 犯罪機会論による最新の予防対策
はじめに
1. 犯罪を予測する
2. 犯行防止のメカニズム
3. 企業の防犯対策のポイント
4. 防犯を超えて:CSRからDCPへ

第2章 犯罪事例から学ぶ企業の防犯セキュリティ対策
1. 企業が直面する犯罪リスク
2. 企業防犯の課題
3. 犯罪事例と具体的対策
4. おわりに

刊行物に関するお問い合わせ


このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細については「個人情報保護について」のページをご覧ください。