企業リスク情報誌『SAFETY EYE NEO』

No.1(2011年5月発行)中国労務リスクへの対応――労務リスクマネジメントを中心に

人事・労務

本誌「SAFETY EYE NEO」は、NKSJリスクマネジメントが、企業におけるリスクマネジメント実践の推進に役立てていただくことを目的に、毎回、企業を取り巻くリスクに関連するテーマを特集しています。
今回は、「中国労務リスクへの対応――労務リスクマネジメントを中心に」というテーマを取り上げました。
日本国内の景気低迷が続く中、グローバルビジネスに活路を求め中国に進出する日本企業が増えています。かつて中国は、安価な労働力を背景とする効率的な生産拠点として有望視されていました。しかし、日本と異なる労働環境は、結果として人事労務問題を抱えることになり、その問題は無視できないほど大きくなりました。
日本の進出企業の多くは、中国労働者を上手くコントロールできずにいろいろな問題を抱えています。そこで今回は、中国国内における最大の労務リスクでもある「ストライキ」の特徴を整理し、問題の発生する背景についても解説していきます。
「中国労務リスクへの対応」につきましては、中国の経営危機管理が専門であるコンサルビューション株式会社の高原彦次郎氏にご執筆いただきました。
中国に現地法人を持っている、また中国進出を計画されている企業様への一助になれば幸いです。

1. はじめに
2. 中国労務クライシスマネジメント
 1. 中国労務クライシスの種類と特徴
 2. 中国労務クライシスへの対応
 3. ストライキへの対応
3. 労務クライシスを発生させないための労務リスクマネジメント
 1. 中国労務リスクマネジメントとは
 2. 具体的な労務リスクマネジメント施策
4. 今後の中国労使関係と日系企業の対応
 1. 今後の労使関係を規定する賃金条例
 2. 企業の対応
5. おわりに

刊行物に関するお問い合わせ


このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細については「個人情報保護について」のページをご覧ください。