働き方改革

ニューノーマル対応・働き方改革支援サービス

コンサルティング

概要

新型コロナウイルス感染症の世界的な流行により、世界が新しい時代に入ったと言われ、「コロナ後のニューノーマル」に対応しなければならないと言われています。

一方、コロナ前から政府が推進してきた働き方改革については、ニューノーマルの流れを受けて各企業での取り組みが加速しています。取り組まないまま放置すれば「働き方改革が進まないリスク」が生じるのではないかと懸念されるほどです。

そこでSOMPOリスクマネジメントでは、各企業の実態に応じたニューノーマル対応や働き方改革の推進をサポートするため、現状把握、経営層の方針決定から従業員向けの研修実施まで総合的にご支援します。

サービス内容

① トータルコーディネート

■貴社専任のコンサルタント(トータルコーディネーター)が、ヒアリングなどにより企業の現状を把握し、

 ロードマップの策定や当社サービスの紹介から、他社の製品・サービスの調査・紹介まで、総合的にご相談に対応します。

■貴社の現状を把握し、今後の方向性を検討して、その実施をサポートします。

 

② 従業員意識調査(アンケート調査)

(サービスの流れ)

 

■従業員を対象に、ニューノーマル対応や働き方改革について意識調査を行い、従業員の現状の不安や認識を明らかにします。

■WEBによるアンケート(PC、スマホ対応を想定)

■対象人数:~10,000名まで(それ以上の人数を対象にする際はお問い合わせください)

■調査期間(回答期間):2週間(目安)

■アンケート実施の際は、貴社と打ち合わせを行い、アンケートの調査目的や現状の課題等を設定し、仮説を立てて、

 アンケート設問項目の作成、アンケートの作成を行います。

■単純集計に加え、設問や属性情報等から、クロス集計をすべき項目を選定し、必要な項目について、クロス集計を実施することが可能です。 

■アンケート回答結果や、集計数値を分析した結果をまとめた報告書を納品します。

③ 労務リスク可視化サービス

■企業内のログデータや管理情報を統合的に分析し、リモートワーク中の従業員の労務リスクを検知します。

■お客様から提供いただいたログデータを、機械学習によるシステム検知と、アナリストによるリスク再評価により分析します。

■詳細は「内部脅威検知サービス(https://www.sompo-rc.co.jp/services/view/47#insiderthreat)」をご覧ください。

④ 方針・ルール策定支援

(サービスの流れ)

 

STEP1:

既にある就業規則や人事規程等の規程・マニュアル類を受領し、内容について確認させていただきます。別途、①トータルコーディネートのご支援をしている場合は省略・縮小することもあります。

 

STEP2:

トップインタビューや人事部担当者、各部門責任者等を対象にヒアリングを実施します。規程・マニュアル類に実効性を持たせるためには、トップからメッセージを発することが効果的です。必要に応じトップメッセージ作成もご支援します。別途、①トータルコーディネートのご支援をしている場合は、省略・縮小することもあります。

 

STEP3:

現状の規程・マニュアルの内容確認やヒアリング結果、その他の情報を踏まえ、貴社の今後の働き方に応じた方針・ルール類の案を作成致します。就業規則等については、必要に応じて貴社顧問弁護士や社労士等と連携します。作成した案は貴社関係部署で確認いただき、社内手続を経て完成となります。

 

STEP4:

完成したマニュアルを社内に(場合によっては社外にも)公表・周知していただきます。同時にルール周知研修・管理職向けの意識向上研修などを実施することも有効です。研修については⑤教育・研修実施にてご支援します。

⑤ 教育・研修実施

■自社内に新しい方針・ルールを周知し、働き方改革を根付かせるためには研修の実施が効果的です。

 より効果的な学習のため、階層別での実施やグループワークによる演習の実施をお勧めします。

■感染症対策のため、Web会議システムでの実施にも対応します。

 

(研修内容の例)

働き方改革に関するサービスのお問い合わせ



このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細については「個人情報保護について」のページをご覧ください。